すすきののソープで、女房の妹に似た女の子と遊んできました。

時々仕事の関係で札幌に出張があります。

これは、3ヶ月ほど前に札幌に出張に行った時の話です。

その日、すすきの近くの居酒屋で取引先との食事会があり、9時頃の解放されました。

そのままホテルに帰ってもつまらないので、久しぶりにすすきのまで行くことにしました。

学生時代札幌にいたことがありますので、札幌は自分の庭みたいなところです。

コンビニで軍資金をおろし、いざ突撃です。

私の行く店はいつも同じお店で、イニシャルがSのお店です。

その日は、入店してお嬢の写真を色々と見せてもらいましたが、あまり気に入った顔の子がいません。

ひとりだけ、ちょっと美人の女房の妹に似た顔の子がいましたので、その子にすることにしました。

しばらくすると、案内されお嬢に紹介されました。ご対面すると写真よりもよく義理の妹に似ていました。

義理の妹とやることになったみたいで、ちょっと興奮気味で部屋に連れて行ってもらいました。

部屋ではしばらく世間話をした後に、お嬢が私の服を一枚づつ丁寧に脱がしていってくれました。

そして、お嬢もチャイナドレスからブラ、パンティーと脱いでいき、最後には二人とも生まれたままの姿です。

スケベ椅子であそこを綺麗にしてもらい、湯船に入り、ディープキス、潜望鏡とおきまりのコースです。

その後、マット洗い、挿入、そして早々と一回目終了してしまいました。

その後、体からぬるぬるを綺麗にながしてもらい、ベットでちょっと休憩です。

なんか妹と二人でいるみたいで、罪悪感というか恥ずかしさというか、なんとなくモヤモヤ感でいっぱいでした。

今度は部屋の電気を暗くして、体全体を舌を使いマッサージしてもらい、フェラの後正常位で挿入です。

今度はよく顔が見れますので、妹とやってしまっている感覚でとっても興奮しました。

2回目にもかかわらず、すぐに果ててしまいました。

妹効果が抜群でした。とっても満足でした。

これからは、札幌に出張する時には必ず妹似の彼女を指名する予定です。

もちろん、女房には内緒ですが。